読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビフィズス菌は人間の大腸の中

基本的に「便秘を快復又は取り払うライフスタイル」とは、シフトしてあなたの全ての健康に係わるライフスタイルなのだという風にも言えるので、堅実な継続こそが必要不可欠なことで、その逆に終わりにして利になることは無いのです。
飲もうとするサプリメントの役目や威力をよく調べている場合なら、欲するサプリメントを効果を実感しながら、すっきりと服用するということになるのではと言えるでしょう。
本来自然の中からとることのできる食物は、同質の生命体としてわれら人間が、命をつなげていくのに肝心な、いろいろな栄養素を併せ持っているものなのです。
このグルコサミンは各関節の痛みを出させないようにする効き目がある他にも、血小板により血液凝固するのを弱める、簡単にいうと血の流れをスムーズにし、血管の中をサラサラの血液が流れるようにする成果が見込めるかもしれません。
一度薬を使い始めると作用を実感して、次にもすぐ同じ薬に手を伸ばすかもしれませんが、購入しやすいただ便秘用に特化した薬は緊急に何とかしたい時用であり、当たり前になっていくので効果がだんだんと弱まってしまいます。

一般的にビフィズス菌は人間の大腸の中で、常在する大腸の細菌である大腸菌に代表される、タンパク質など有機物を分解する腐敗菌や感染の恐れもある病原性微生物の殖え方を和らげ、人体に害のある物質の生成を妨げたり、人の腸内のマイナス要素を良好にする仕事をしてくれます。
昨今の日本では、痩身への取り組みや少ない食事により、生活の上で摂れる食事自体のクオリティーが減少していることが理由で、健康なうんちが生み出されないことがあるでしょう。きちんと食事を摂取することが、好ましくない便秘という事態の解決方法に必要不可欠と断定できます。
もちろんビフィズス菌は、腸の中で害になる悪さをする菌が増えるのを抑制し、お腹の機能を素晴らしいものにしてくれますが、想像以上に酸に弱く、完璧に腸までしっかり運ぶことは不可能に近いと推測されます。
困りものの便秘を無くしたり内臓の調子を理想的な状態にしておくため、三度の食事と共に肝心になってくるのが、何気なく過ごしているライフスタイルです。快適な体のリズムに沿った適正な生活習慣を守って、長く苦しんだ便秘をストップさせましょう。
老化予防で有名なコエンザイムQ10は、食材をしっかり活動するためのエネルギーに置き換えてくれ、他にも体内の細胞を、老化の一因を作るといわれている活性酸素による酸化からがっちりと防護する役目を担ってくれ、生命力あふれる肉体を管理し続ける働きをするのです。

症例からして中年期以上の歳から病み易くなることが把握されており、もとをたどれば過去からのライフサイクルが、関与しているといわれている疾病を総合して、生活習慣病と名付けられているのです。
考えてみると「コンドロイチン」という名前を人々が認識したのは、最近多くの人が受難している、煩わしい関節痛の減少に有効であると騒がれるようになってからでしたね。
長きにわたってストレスが永らえると、自律神経の均衡が悪くなり、気持ちの面でも体の健康の面でも数多の乱調が及んできます。こういったことが基礎的な自律神経失調症のシステムです。
基本的にセサミンを食べると、衰えた毛根のために抜け毛があり薄くなってしまうのを妨げてくれる作用も実際にあると聞きますが、要するにそれは血中において血管壁に沈着したりするコレステロールを縮小させ、血行改善をするという働きの効果だと推測されていると教えてもらいました。
一定量のグルコサミンを日常的に食品のみから食べようとするのは困ってしまうでしょうから、毎日取り入れようと思うならスピーディにスムーズに摂取できる、各社から発売されているサプリメントがいいようです。

究明されたコンドロイチンの効果としては、皮膚に水分を保持して肌水分を保持する、減りがちなコラーゲンを正しく保つことで弾力のある肌を保つ、他にも血管をしなやかにして血管内の血液を日頃より汚れのない状態にする、などが解明されているそうです。
あなたがサプリメントの守備範囲やビタミンやミネラルの内容をしっかりと調査していたなら、体調に合ったサプリメントを一層効率的に、補充する健やかな毎日となるのではと断定できます。
普通栄養は健全な身体をつくり、その日その日を力強く暮らし、いくつになっても思わしく過ごすために相当重要です。養分のバランスがいい食生活が、いかに重要なのかを腹に落とすことが大切ということです。
同等の状態でストレスをかけられても、これらの影響を受難しやすい人と違う人がいるとのことです。平たく言えばストレスを取り払う才能を所持しているか否かの差といえます。
サプリメントなどでもしグルコサミンを摂取したら、あなたの関節や骨格の痛みのない滑らかな動作が得られるといった良い効能が予測されますが、別件で美容関連にしてもアミノ酸の仲間グルコサミンは効力をもたらします。

あなたの便秘をストップしたり大腸の具合を調節するために、大抵どのような食事を摂っているかということと一緒で重要なのが、一日一日のライフサイクルです。体のサイクルに合致した決まった生活習慣を堅持し、煩わしい便秘を立て直しましょう。
骨同士の間にあり、衝撃吸収の役割のある、限られた軟骨が少なくなってしまうと我慢できない痛みが生じてくるので、軟骨そのものを創出する節々サポート機能のあるグルコサミンを、確実に摂取するというのは欠かせないのです。
働き盛りに多い生活習慣病の原因は、なにげない日常生活の些細なことにもスタンバっているため、発病しないためには現在のライフサイクルの根源からの修正が急務なのです。
へとへとに疲れて帰宅した後にもおかゆや蕎麦など炭水化物の豊富な夜食を食しながら、糖類入りのコーヒー飲料や紅茶なのど飲み物を摂取したりすると、おどろくほど疲労回復に効能を示してくれます。
通常セサミンを摂取すると、衰えた毛根のために抜け毛があり薄くなってしまうのを防ぐ役割が認められると断言されていますが、本来は血液中の脂肪にも似ているコレステロールを縮小させ、血行改善をすることに効果的であるからだと予測されていると教えられました。

大体の事象には、何らかの「理由」があって「首尾」があるものす。ですから生活習慣病は患者自身のなにげないライフスタイルに「誘因」があって病にかかるという「終末」が生じてくるのです。
今から医療費の自己負担分が高くなる可能性が極めて大きくなっています。不安定な現状のもと、健康管理は本人が実践しなければいけなくなりますので、身近にある健康食品をセレクトして摂取することが重要です。
具体的にコンドロイチン不足が起こると、それぞれの筋肉の弾力が逓減したり、それぞれの関節部位の衝撃緩和材の働きが消失してしまいます。それにより、関節間のこすれる衝撃が直に響いてしまいます。
他と同じようにコエンザイムQ10は、たいていは加齢に従って人間の体内合成量が縮小しますので、含有食品からの摂り込みが厳しい時には、吸収しやすいサプリメントからの日々の補助摂取が有用な状況もあるでしょう。
一般的に自然を原料としたものから採取する食物は、地球に生きる同じ生命体としてわれら人類が、生命現象を保っていくのに主要な、滋養成分を併せ持っているものなのです。

等価な環境で大きなストレスを感じても、そこからの刺激を受難しやすい人と平気な人が存在するようです。別の言葉で言えば感じたストレスを削除する技量が無いかあるかの相違からくると聞いています。
実は人体のコエンザイムQ10の量というのは、ヒトそれぞれで生成することになるものと、あるいは食生活で得られるものとのそれぞれ双方の支えで調達し続けられているものです。しかし身体内での産出能力は、20歳頃が最大でその後瞬く間に減少します。
投薬を始めると効能にびっくりして、次回もまたすぐ同じ薬に手を伸ばすかもしれませんが、手に入りやすい便秘の薬は簡易的なものであり、働きそのものは段階的に消えてしまうのが現状です。
周知のことかもしれませんけれど、コエンザイムQ10は、健全な体のパワーをバックアップしている栄養成分です。全身を作りあげている細胞組織の一部であるミトコンドリアと呼ばれる活動力を、創出する器官において必須である重要な物質です。
得てして人の体の中にて骨のある抗酸化作用を見せつけるセサミンは、体内のアルコール分解を後押ししたり、体調面に悪い影響を及ぼすコレステロールを落としてくれたり、その血圧までも降下させる効果についてもリポートされています。

近代人は、色々繁忙な時間を過ごしています。さらに言えば、毎日栄養面のバランスに適した毎度の食事を落着いて食べることは実際問題できていないというのが実際です。
はっきり言って効果のあるサプリメントを利用する目指す健康体にはなり得ません。堅調な毎日を順調にキープするためには、数々の素質が満足されているのが第一条件なのです。
やせようとダイエット始めたり、過密な生活に集中してメシ抜きにしたり減量したりとなると、人間の身身体や各組織の動きを持続するための栄養素が払底して、とても悪い症状が出るでしょう。
知っての通りセサミンを含んでいることで広く知られるゴマですが、食事ではそのゴマをじかにもう炊いた白飯に振りかけて食べることも言わずもがなですがおいしく味わえ、絶妙なゴマの風味を受けつつ噛み締めて食べることが十分できるのです。
お肌のトラブル、張ってしまっているお腹、あまり寝られていない人、その症状はもしかすると便秘のせいとも考えられます。一般的に便秘は、数多の厄介ごとを招くことが言われています。

基本的に肝臓に届いてからなんとか能力を披露する、それがセサミンでありますから、身体内に存在する臓器の中で抜きんでて分解・解毒に追われている肝臓に、直々に影響を及ぼすことがを可能にする成分だと言えるでしょう。
例えば軟骨と関連性の高いコンドロイチンと言う物質は、一言で言うとあの食物繊維の一種なのです。人の体内器官で生み出される、栄養素の一つですが、年齢が進むにつれ用意可能な量が徐々にダウンします。
ご存知かも知れませんがコエンザイムQ10は、経緯をたどると医薬品として活躍していたことから、補助食品にも薬と似通った裏付けと効能があてにされている側面を持っています。
実際「コンドロイチン」という名称を現代人が確認したのは、案外多くの人々が患っている、煩わしい関節痛の鎮静化に有効であると話に聞くようになったためだった気がします。
職場から疲れて家に復した後にも、炭水化物のご飯を頂きながら、糖類入りの嗜好飲料を服すると、その疲労回復に成果を見せつけてくれます。

健康のため食生活の改善や断煙

たいてい健康食品を飲んだり食べたりする際には、一定量以上摂ることによる例えば胎児奇形などの危険があることを絶えず頭にメモして、分量にはできる限り励行したいものです。
この日本では、健康のため食生活の改善や断煙が奨められているだけではなく、平成2008年には、成人病、いわゆるメタボに向けた画期的な、特定検診制度を設置するなど、バラエティーに富んだ生活習慣病への取り組みが築き上げられています。
一つの健康食品の効果や副作用がないかといった安全性を調べるためには、それぞれの「量」のデータが重要です。いくらぐらいの量かということが把握できないと、飲んでいても身体に効果的な機能改善がのぞめるのか判明しないからです。
一般的に栄養はよい身体を作り、日次をパワフルに過ごし、いくつになっても元気に暮らすためにきわめて大事です。ですから栄養バランスのいい食生活が、なぜ大事であるかを意識することが肝になるということです。
事前にサプリメントのすべきことや柱となる効能を納得しているユーザーならば、体調に合ったサプリメントを効果を実感しながら、不安なく摂れる健やかな毎日となるのではないですか。

さて肝臓に到達してから最初に圧倒的役割を果たす栄養素なのがセサミンというわけで、多くある体の器官の中でも分解・解毒に目が回りそうな肝臓に、そのまま影響を及ぼすことがを認められる成分かと思います。
研究の結果によるとコエンザイムQ10は、たいていは加齢に従って自身の体内合成量が縮小しますので、内包する食品から摂取することが期待できないケースでは、よく売られているサプリメントでの摂り込みが役立つケースもあります。
実は健康食品は、概して健康によい栄養素を含んだ食品のことを指しており、ことに厚労省が、ジャッジし認定して健康維持に対して、有意義であると最終的に厚生労働大臣が認識したものをヒトが両手を上げているマークでおなじみの「特定保健用食品」と表示されています。
当世の生活習慣の複層化によって、変則的になりがちな食習慣をするように追い込まれた方々に、消耗した栄養素を補給し、忙しい現代人の体調の維持及び増強に役に立つ顕著な可能性を持つものが、まさに健康食品なのです。
基本的に健康食品は、生きる上で必要な栄養摂取についての支え役のようなものです。その点をふまえて健康食品は健康な食習慣を目指した他に、摂りづらい栄養素などを補填することが必須の状況での、縁の下の力持ちと考えましょう。

ひどくストレスを感じやすいというのは、サイコロジー的側面から一考すると、極度に繊細だったり、自分以外に神経を配りすぎたり、自分に不安の多い点を両方持っている可能性が高いのです。
「健康21」の重点課題である現代の生活習慣病の引き金となるものは、あなたのライフスタイルの些細なことにも存在しているため、対策としてあげられるのは、食べ過ぎ・飲み過ぎといったライフサイクルのもとからの練り直しが第一です。
将来的に医療費の自己負担分が割増する可能性が懸念されています。先行き不透明な世の中、健康管理は他でもないあなたがしなければならないので、出回っている健康食品をチョイスし進んで摂取する必要性は極めて高いでしょう。
「今はトイレにいきたくないから」とか「何をするにも汗をかきかき行わなくてはならないのが気持ちが悪いから」という勝手な思い込みで、最低限の飲料水すら出来る限りとらないような人がいますが、それは紛れもなく便秘に陥ります。
栄養補助食品であるサプリメントを所望しない「栄養の偏らない」健康的な食生活を送ることが肝要ですが、炭水化物・たんぱく質・脂質といった栄養素が入るように励んでも、最初たてた計画のようにはいかないようです。

抗酸化作用のあるセサミンを、あのゴマから入用な量を摂り入れるのはとっても困難なため、お店でも見かけるサプリメントを入手することで、間違いなく補給することが容易くできるようになったのです。
一般的に栄養はよい身体を作り、常にパワフルに暮らし、年をとっても快活でいられるためにすごく重要です。養分のバランスがいい食生活が、いかに重要なのかを理解することが大切ということです。
現代は生活空間の絶え間ない移り変わりによって、偏りがちな食習慣を受け入れてしまっている方達に、足りない栄養素を補足し、現代人の健康の現状の維持や増強に効果的に働く顕著な可能性を持つものが、私達の知っている健康食品なのです。
国民の概ね70%弱が生活習慣が影響する生活習慣病によって、他界されているとされています。そういった疾病は不規則なライフサイクル次第で老年層以外にも発病者がみられ、成人に決まっているわけではないのです。
体を動かすことによりクッション材の役割のある軟骨は、減っていきます。けれど若い時代は、軟骨自体がすり減っても、健康な身体内で増産されたグルコサミンを元にしてあるべき状態の軟骨が作られるおかげでなんら問題はありません。

疲労回復を叶えるためにバイタリティのある肉を食しても、まったく元気が回復しなかったというような経験はありませんか?その件は元となる所労の物質が、体の内部に溜まっているからなのです。
「あまりサプリメントに依存するのはどうなんだろう」「日々の食事から直接栄養成分を摂るべき」などという見解も聞かれますが、献立を考える時間や煩雑さを加味すると、現代人の多くがサプリメントに助けてもらうというのが忙しい現代人の定番になりつつあります。
過剰にストレスを受けてしまうのは、サイコロジー的に言わせれば、ナイーブだったり、他人に気を過敏に使ったりと、自分に不安の多い点を併せ持っている事が多くあります。
ビフィズス菌は、腹部で分解に伴う不快臭を出す腐敗菌や感染症に関係しうる微生物の爆発的な増加を食い止め、悪い物質の生産を防ぐという働きがあって、体の健康を保有し続けるためにも重宝すると思われています。
実は、コエンザイムQ10は、昔は医薬品として病院で用いられていた経緯から、機能性補助食品にもおそらく医薬品と似通った確かな安全性と効果の高さが見込まれている側面があります。

「感じたストレスに対するリアクションは不承知な事例から沸き起こるものだ」といった考えでいると、結局自分がため込んでいる毎日のストレスの影に気を配るのがずっと後になってしまうケースが認識されています。
「自分はストレスなど累積してないよ。すごく健康!」と自信満々の人に限って、自分を奮い立たせすぎて、いつの日か突然に深刻な病気としてにじみ出る心配を隠していると聞きます。
キツイエクササイズをすれば大いに疲れますよね。その疲れた体にとっては、特に疲労回復効果の高い成分を獲得すると効果があると考えられているようですが、ふんだんに食べるほど溜まった疲れが取れるというような誤認識していませんか?
万が一コンドロイチンが減ってしまうとそれぞれの筋肉の弾力が老朽化したり、各関節の潤滑油的な部分が消失してしまいます。そして、関節部での骨のぶつかりが直に神経を刺激します。
多くはサプリメンとしてコマーシャルされているご存知グルコサミンは、ご存知ないかもしれませんが身体に最初から保持されている物質であり、特に膝などの関節の引っ掛かりのない動きを補助していることで多くの方に知られているのではないでしょうか。

うっかりコンドロイチンが不足してしまうと

うっかりコンドロイチンが不足してしまうと、細胞単位で酸素と栄養分を供給し、要らないものを排出するといった重要な役割を全うできず、肝心の栄養素がたっぷり体内各所の細胞に送られることなく、しだいに細胞が脆くなってしまうのです。
これより先の世代では医療費の負担が増額される可能性が極めて大きくなっています。ですので自身の健康管理は他でもないあなたがしなければどうなってしまうか分かりませんので、手軽に健康食品を積極的に摂取することが重要です。
一般的にサプリメントとして有名な軟骨成分グルコサミンは、意外かもしれませんが人体の中に最初から保持されている要素となっていて、特に膝などの関節の円滑な活動を補佐する有用成分として認知されているに違いないでしょう。
肉体的に活動継続すれば柔軟性のある軟骨は、すり減っていきます。けれど若い時代は、その軟骨が消耗しても、身体内部で作られた体内のグルコサミンから必要量の軟骨が作られるおかげで何も問題はないのです。
投薬を始めると手にできる効能にびっくりし、短いサイクルでまた容易に活用しそうですが、薬局で売っている便秘改善薬は直ちに何とかできれば良いというもので、体が慣れてしまうことで効き目はじんわりと薄らいで行くというのが通常です。

長く健康でいられたらと思ったり老化を妨げたいと思って、今よく話題になるコエンザイムQ10を摂るとして、だいたいそれぞれの日に30mg~60mgの量が正しいと言われます。ところが特別ではない日の食事でいつもかような量を摂り入れるなんて多分に、面倒なことになります。
いよいよ肝臓に着いてから何とか威力を炸裂させるというのがセサミンになりますので、体の器官の中でひときわ分解・解毒に休まず働き続ける肝臓に、何者も介在させずに反映させることが可能となる成分かと思います。
しっかりと骨と骨の間において、柔らかいクッションの役目を果たす、独自の働きをする軟骨が消耗してしまうと我慢できない痛みが現れてくるので、予防のためにも軟骨を生成させる必要分だけグルコサミンを、摂り込もうとすることはとても必要なのです。
学校や会社関係など心の悩み事は十分にありますから、相当頑張らないとそのストレスを無くすのはできないでしょう。こういった精神的ストレスこそが、倦怠を取り除く(疲労回復)のに指し障りとなるのです。
疲労回復を狙ってバイタリティのある肉を食しても、ほとんど体内に溜まった疲れが取れなかったとい記憶はないですか?これは因子となる体内の疲労物質が、体組織に積み重ねられているからです。

知っての通り軟骨と関連性のあるよく聞くコンドロイチンは、正式にはファイバー類に分けられます。適量を、自分達の持っている組織にて生み出される、栄養素なのですけれど、実際は歳をとるにつれて作成量が減っていきます。
得てして人の体の中にてしっかりとした抗酸化作用を呈するセサミンは、肝臓でアルコール分解をサポートしたりあなたの血液の中のコレステロールを弱めたり、高血圧までも治してしまうという効果も知られています。
多くの人のサプリメントのチョイスは、普段通りの食生活で不足してしまうと予想される栄養成分を、増強したい場合と衰えてきた体の不調や働きを整えたいケースに、類型化されるとみられます。
一般的な生活習慣病の中には先天性な要素も秘めており親に糖尿病や高血圧症、日本人にも増えてきたガンなどの病気を患っている方がいたら、同じような生活習慣病に病む恐れがあると結論付けられています。
元を辿れば「コンドロイチン」という名前を時代が確認したのは、近頃多くの人が患っている、節々の痛みの抑制に有用だと周知されたからなのかもしれません。

市場に出ている健康食品はあくまでも食生活に伴う補佐的なものです。ですので健康食品は健康な食習慣を続けた他に、それでも不足した栄養素などを欠乏させないことが外せないケースでの、お手伝いと考えましょう。
「受けるストレスのリアクションは否定的な事柄からわいてくるものだ」といった考えでいると、結局自分がため込んでいる毎日のストレスの影を認識するのが遅くなるケースが多いようです。
ビフィズス菌はごく大きな意味での乳酸菌に数えられるケースが一般的ですが、普通の乳酸菌とは別物で、同じ場所に酸素もあるようでは滅してしまうことと、酸味のある酢酸を生成するなどの働きが理解されています。
本来セサミンには、過剰にあると正常な細胞を傷つけてしまう活性酸素をコントロールしてくれる有用な効能があるため、困ったしわやシミの防止策にもなり、かくいう徐々に訪れる老化への対抗策として堅実な成果をもたらしてくれる栄養成分となってくれます。
しんどいエクササイズをすれば大いに疲れますよね。こんな疲れた体の為には、疲労回復に良いと言われる適切な食物を選ぶと効果があると考えられているようですが、うんと食べるほど疲労がとれるというように誤認識していませんか?

正確に言うと、がむしゃらにサプリメントを服用するだけでは目指す健康体にはなり得ません。はつらつとした毎日を持続するためには、多彩な適した条件が均一になるのが第一条件なのです。
ゴマパワーの元であるセサミンは、体の細胞の老化を防止する働きがあり、人々のアンチエイジングあるいはうれしくないシワ・シミの縮小にも有用だとされ、皮膚の面からも随分評価を受けていると報告されています。
一休みしてテレビを見るとショッピング情報などで健康食品の番組が編成されており、街中や校外の書店でも健康食品関連の書籍が幾多の出版社より発行されており、パソコンを立ち上げネットにアクセスすれば食品や青汁などの粉末までさまざまな形状の健康食品のネット通販が、しきりに行われているのがトレンドのようです。
あなたが「生活習慣病になったら医者に行けばいいや」という風に考えているのなら、違っていて、その病気は生活習慣病であると称呼がついた瞬間に、現在の治療では治癒しないやっかいな疾病だと伝えられたということです。
ひとよりもストレスを感じやすいというのは、深層心理から考察すると、極度に繊細だったり、他者に細かい気を過敏に使ったりと、自負心のなさを持ち合わせているケースも多いようです。

日常的に健康食品を飲んだり食べたりする際には、多すぎる摂取による悪影響の危険があることを絶えず警告として自身に発令しつつ、毎日の服用する量にはきちんと気を留めたいものです。
各種栄養はふんだんに摂取すればよいかといえばそうではなく、正当な摂取量とは少量と多量の中ごろの量と考えられます。加えて妥当な摂取量は、各栄養成分ごとに異なってきます。
近年日本では欧米化された食生活を日本型へ戻そうという回帰や特に妊娠を計画している女性への禁煙が国レベルで取り組まれているのみならず、今から5年前より、成人病、いわゆるメタボに向けた糖尿病等生活習慣病予防を目的とした、特定検診制度を医療保険者を実施主体として開始する等、さまざまな生活習慣病対策が樹立されています。
苦しい便秘を阻止したり、改変するために、豆類などに多く含まれる食物繊維が欠かせないのは当然ですが、外せない食物繊維を合理的に上手に摂取するためには、現実としてどのようなものを戴いたらいいと思われますか?
このグルコサミンが少なくなることにより、ありとあらゆる関節を橋渡す軟骨が、どんどん減ってしまい、やがては関節炎などを誘発する、要因になると研究発表されています。

大事な存在であるコエンザイムQ10は、摂り入れた食物を生命維持の熱量に置き換えてくれ、加えて体内の細胞を、強敵活性酸素による酸化からとことん守り抜いてくれて、ハリのある身体を持続する役目を持ちます。
「いつもサプリメントに依存するのは感心しない」「三度の食事からバランスよく栄養成分を摂るのが正しい」といった見解もきかれますが、家事や育児で忙しい中、時間や労力を考慮すると、案の定サプリメントに日々の健康を託すというのが実際のところです。
基本的にセサミンには、過剰にあると正常な細胞を傷つけてしまう活性酸素をセーブしてくれる重宝する効能があるので、厄介なしわ・シミの改善策にもなり、広くいえば婦人の老化現象に対抗する作用として確固たる結果をもたらす大きな存在と言い切っても問題ありません。
ちまたにあふれる健康食品はあくまでも食生活に伴う支え役のようなものです。その点をふまえて健康食品は正当な食習慣を続けた他に、摂れなかった栄養素などを追加することが好ましい場合の、縁の下の力持ちと考えましょう。
優れた睡眠で全身の疲労が軽減され、心が病んでいる具合が和らぎ、また翌日への糧となります。優れた眠りは肉身体的にも精神的にも、ほかならぬストレス解消となると思われます。

考えてみると「コンドロイチン」という名前を多くの人が認識したのは、たくさんの人たちが病んでいる、ひどい関節炎の消滅に有用だとピックアップされるようになったためのようです。
体重制限をしたり、せわしい生活に乗じてごはんを食べなかったり減損したりとなると、その人の身体や各器官の働きをキープするための栄養成分が払底して、良くない症状が出現します。
よくいう生活習慣病の中には受け継いだ遺伝的要因も持っており、近い血縁関係の中に1型・2型糖尿病や高血圧、悪性腫瘍などの病気を患った人がいるケースでは、同一の生活習慣病に苦しみやすいと聞いています。
基本的に肝臓に届いてからやっと威力を炸裂させる救世主セサミンですから、あらゆる体の器官のうち断トツで分解や解毒に機能しまくっている肝臓に、ストレートに作用することがを実現できる成分になっています。
近頃はビフィズス菌の入った整腸ヨーグルトなど、今話題のビフィズス菌の入った商品がたくさんあります。こんな商品を食べて摂取したそのビフィズス菌は、多くなったり少なくなったりを徹底的に繰り返したのち殆ど7日くらいで便と共に出ていきます。

できるだけ健康で居続けたい時や老化に歯止めを掛けるために、様々な期待が持てるコエンザイムQ10を取り込むとして、ざっとそれぞれの日に30mg~60mgの量が相応しいと発表されています。一方で食事だけでそういった多くの量を取り込むなど甚だ、面倒なことになります。
「トイレに行くのが面倒くさいから」とか「だらだら汗を流すのが疎ましいから」と言って、お茶などの飲料水をリミットが来るまで飲用しないことにしている人がいますが、残念ながら言うまでもなく排泄が不定期という便秘になります。
入浴するときの温度とほどほどのマッサージ、さらに加えてそれぞれ好みの香りの入浴用化粧品を利用すれば、一層の良い疲労回復が出来、心地良いお風呂の時間を味わえるのでお試しください。
日々の糧である栄養成分を、ただただ健康食品ばかりに丸投げ状態であるならばちょっぴり心配です。多彩な健康食品は言うまでもなく食事のサブ的なものであって、食育とのバランスが重要なのだという意味だと考えます。
学校や進学、就職や人間関係など、内的な不安定感は多数存在しますから、相当頑張らないと困りごとをゼロにすることは不可能でしょう。この種のメンタルなストレスこそが、体の疲労回復の邪魔立てするのです。

「特定保健用食品」

今や身近な存在である健康食品とは、第一条件として健康に有用である栄養満点の食品のことを表現し、特に科学的根拠の上に厚生労働省が、厳重に検査の上、認定し健康維持に対して、好影響があるとして表示が許可されたものを「特定保健用食品」、いわゆる「トクホ」として流通されています。
この栄養成分は摂れば摂るほどいいのかといえばそうではなくて、適切な摂取量はどれくらいかと言えば不足と過剰の中庸と考えられます。その上適切な摂取量は、その栄養素によって差があります。
正直に言えばセサミンを、料理などで食材のゴマからごく必須な量であれいただくのは相当難しいものですから、よく手に入るサプリメントなどを通販などでオーダーすることにより、忘れることなく取り込むことが叶うようになりました。
いわゆるコンドロイチンは、ちょうど関節の辺りの組織の結合部に組み込まれています。その他に関節以外にも、筋肉・靭帯に代表される、弾性組織の箇所にも有効なコンドロイチンが内部に存在しています。
ご承知の通りビフィズス菌は、体内のお腹に存在していますがそこで有害となっている悪い菌が増えるのを抑制し、内臓の中の特に腸の活動を最良に導く効果を見せますが、想像以上に酸に弱く、百パーセント腸まで送り込むことは不可能に近いと認識されています。

実際活性酸素の悪さのために、端々で酸化が起こり、何かと体調に対して損害をもたらしていると考えられていますが、現に酸化というものを抑え込む、つまり抗酸化作用が、やはりそのセサミンという成分に存在しているのです。
人間がグルコサミンを日常的に食品のみから摂り入れるのは非常に困難なことなので、日々取り込む際にはあっという間に割よく補足できる、CMでもやっているサプリメントが利便性が高いでしょう。
まことに遺憾ですが、効果のあるサプリメントを取り入れるだけでは機能調節は図れません。健やかさを保持するためには、存外に多様なポイントがクリアーしていることが大切なのです。
この何年かは、中高年以降から起こり始める体調に対抗するサプリメントが、各社からたくさん販売されています。年配の奥様の願いであるアンチエイジングの手立てができるアイテムも多くの人から支持されています。
この頃の生活習慣の絶え間ない移り変わりによって、変則的になりがちな食習慣を送らざるをえない人々に、不足しがちな栄養素を補充し、それぞれの健康の今の状態の保持や増強にかなり有効に働くことが認識されているものが、すなわち健康食品になるのです。

このグルコサミンが徐々に減っていくと、あちこちの関節を橋渡す軟骨が、しだいに擦り合わされて減少し、そのうち関節炎などを生み出す、直接の原因になると推察されています。
本当は自然界からとることのできる食物は、等しい生命体として私たち人類が、大切な命を持続していくのに意味のある、栄養素を含有していて当然なのです。
常用として健康食品を摂ったり食べたりする場合には食べ過ぎによる健康被害の危なさがあることを常々思い起こしながら、毎日の服用する量にはしっかり気を引き締めたいものです。
やみくもにダイエットをスタートしたり、忙中さに振り回されて栄養になるものを食べなかったり縮小したりすることが続けば、人間の身身体や各組織の動きを継続するための栄養素が足りなくなって、かんばしくない影響が現じます。
国民のおおよそ70%弱が成人病と言われる生活習慣病によって、逝去しているとされている。こういう疾病はその人のライフスタイルに関係しており年若層にも患う人が出現し、大人だけに当てはまるということはありません。

人の体内のグルコサミンが減ってしまうことで、ありとあらゆる関節を円滑に繋げる役目の軟骨が、ゆっくりとこすり合うことで減失していき、最終的には関節炎などをもたらす、端緒になるとされています。
老化予防で有名なコエンザイムQ10は、食材を命を継続させるための力に姿を変えてくれて、その上各細胞を、傷つけてしまうという活性酸素がもたらす酸化から強く防御してくれて、老化とは無縁の肉体を継続させる役割を遂行してくれます。
主にビフィズス菌は、腸内の腐敗菌や病気を起こす微生物が増えるのを抑えて、有毒物質の産出を防ぐ働きがあり、良好な体を手に入れ続けるのに役に立つと理解されています。
元気に運動を継続すればスムーズな動きになくてはならない軟骨は、削られていきます。けれど若い時代は、たとえ軟骨が摩耗しても、体の中で作られた軟骨細胞グルコサミンから新しく軟骨が用意されますから平気なのです。
抗酸化セサミンは、体の細胞の老化を防止する働きがあり、女性のアンチエイジングとかすでにできているシワ・シミの低減にも有効だと発表されて、気になる美容面でも限りなく賛辞を集めているのです。

極力健康でいたいと思ったり歳はとりたくないと思って、話題のコエンザイムQ10を摂取する時は、ざっと習慣として一日に30~60mgという量が順当だという風に考えられています。けれど常日頃の食事において多いこんな量を摂り入れるということなど甚だ、苦労が伴います。
ストレスが長引いて正常時血圧が高値になったり、風邪にかかったり、女人の場合は、生理そのものが滞ってしまったなんて体験を覚えていらっしゃる人も、数知れずなのではないかと思っています。
浴槽の湯温と妥当なマッサージ、さらには気にいっている匂いのバスボムを使用すると、いやが上にも疲労回復の作用があり、うっとりとした入浴時間を味わえるのでお試しください。
私たち現代人は、色々繁忙な生活をしています。さらに、バランスのいい栄養満点の美味しい料理を少しずつ食べる、ことはほとんどあり得ないというのが毎日の実情です。
それぞれ栄養は多く摂取すれば体内に取り込まれるのではなくて、適度な摂取量というのは多いか少ないかの中庸と考えられます。更に正しい摂取量は、それぞれの栄養成分によって食い違います。

実は骨と骨の間に合って、衝突を和らげる働きをする、軟骨自体が減り無くなってしまうと運動できない痛みが現れてくるので、どうしても軟骨を創出する軟骨成分グルコサミンを、一生懸命摂取することは大切なことです
多くのストレスを抱え込みやすいのは、心療学的に見ていくと、ナイーブだったり、他者に神経を配りすぎたり、自分に不安の多い点を両方持つ可能性が高いのです。
コエンザイムQ10はごまんとある体の細胞で見つけることができ、ヒトが日々生きていくときには、大切な作用をする主要な補酵素のことです。少しも足りていないなどとなれば没する可能性さえあるほど必須のものなのだと聞いています。
ビフィズス菌はごく大きな意味での乳酸菌に合わせて話されるケースが普通ですが、世間が認識している乳酸菌とは違い、仮に酸素がある中では生きられないことと、酸味のある酢酸を生成することなどの機能も見られます。
私達の日本では、健全な食生活の改善や断煙が国レベルで取り組まれているのみならず、5年前から、中年以降、特に男性の肥満者の罹患率の高いメタボリック症候群に向けた糖尿病等生活習慣病予防を目的とした、特定検診制度を発足させるなど、あまたの生活習慣病への取り組みが立案・実施されています。

「ストレスに対する反応は負の出来事から生れるものだ」などという偏りが見られると、自身が感じているストレスの影に気付かされるのが出来ない時が多々あるでしょう。
究明されたコンドロイチンの効果としては、皮膚に水分を保持して肌が乾かないようにする、少なくなりがちなコラーゲンを有効量に導きしっかりとしたハリのある肌を保つ、加えて血管を丈夫にして血液そのものを濁りなくしてくれるなどが効果として挙げられます。
人体に激しい抗酸化作用を現わすセサミンは、臓器の中でアルコール分解を手伝ったり、流れる血の中にある悪玉コレステロールを低減させたり、酷ければ健康にも害をなす高血圧を下げてくれる効果についても伝えられています。
さて肝臓に到達してからやっと秘めていた働きを開始する栄養素なのがセサミンというわけで、人体の臓器の中でひときわ分解・解毒に繁忙極まる肝臓に、素早く働きかけることが許される成分になっています。
頼もしいことにビフィズス菌は、腸の中で栄養素が効果的に摂り入れられる好ましい状況を用意します。大腸に適したビフィズス菌などみたいな素晴らしい菌を、いっぱいにするためには単糖類の集まったオリゴ糖あるいは消化酵素では消化しえない物質である食物繊維が必需品なのです。

一休みしてテレビを見ると体にいい商品として健康食品の専門TVが組まれており、最寄りの書店に寄ったなら必ずたくさんの健康食品の専門書があらゆる年代の人に手に取られていたり、家から出ずともインターネットを閲覧すれば各社イチオシの健康食品の通信販売が、取引されているのが見て取れます。
主にサプリメントとして著名なものであるグルコサミンは、私たちの身体の中にはじめから含有される物質であり、特に各関節の潤滑な動作機能を守っている有益物質として一般に認識されています。
世間では「サプリメントさえ摂れば安心。といった生活習慣は妥当ではない」「毎日の食事からビタミンやミネラルといった栄養を補うべき」などの考えもありますが、労力や時間を加味すると、結局サプリメントに助けてもらうというのが現状です。
入湯の温度と相応しいマッサージ、さらに加えて自分自身の好みの香りの入浴剤を使用すれば、さらに疲労回復の効果があって、快適な入浴時間を味わうことができること請け合いです。
現実にセサミンを、いつもゴマを摂取することで一日の必要量をいただくのはかなり難しいので、市販のサプリ等を購入すれば、的確に肉体に取り入れることも難しくなくなりました。

色々なメーカーからラインナップを揃えた健康食品が、各種ビタミン・ミネラルを摂取できるサプリメントとして流通しています。どの製品も材料や気になるお値段も相違しますから、コンディションに合った間違いのないサプリメントを選択するのが要となります。
これ以上ない運動に取り組めば大いに疲れますよね。その疲れた体にとっては、非常に疲労回復効果の高い栄養成分を摂取すると一発だと評判ですが、食べたら食べた分だけ溜まった疲れが取れると勘違いしていませんか?
現在の日本では、自分の食生活の改善やきっぱりと禁煙することが、奨められている以外にも、平成20年には、中年以降に頻発するメタボリック症候群に向けた画期的な、特定検診制度を40歳~74歳の医療保険加入者を対象としてスタートする等、多種多様な生活習慣病への取り組みが試行錯誤を繰り返しています。
達者な体を持つ人が有している腸内の細菌群の中については、何といっても善玉菌が力強い存在です。たいていビフィズス菌は二十歳以上の人間の腸内細菌の内10%弱を占め、その人の体調と非常に密接なリレーションシップがあるようです。
往々にして人生の中盤にさしかかった年歳から患い易くなることがわかっており、これらの発病に今までのライフサイクルが、深く関与していると理解されている現代人に多い病気の総称を、すべて生活習慣病と名付けられているのです。

糖尿病の治療!初期はどうする?

こんな治療、あんな治療

ここまでで敵を知り、己を知った。

 

最後に自分にぴったり合った治療を見つけよう。

 

ここで忘れてならないのは、治療に当たってのキー・ハーソンは、決して担当の医者ではなく、あなた自身だということだ。

 

1糖尿病の薬糖尿病の薬は血糖値を下げる薬なので、中には下げ過ぎる(低血糖を引き起こす)危険性のあるものもある。

 

そこで、低血糖を引き起こす危険がある薬と、蔵い薬に分けて説明することにしよう。

 

低血糖の危険あり①スルホニル尿素薬(SU薬)『すい臓に働きかけてインスリンの分泌を増やす薬だ。

 

最も古く、最もよく使われているスタンダードといえる薬で、一番の特徴は血糖値を下げる力が最も強いこと(つまり、効きが良いこと)。

 

一方、欠点は低血糖が起きる可能性があること、長期間飲むとすい臓に負担がかかり、最終的に効かなくなることだ。

 

他の薬に比べて格段に(一○倍くらい)効果が高く、この薬が効かなくなったら他の薬でもダメで、速やかにインスリンに変える必要がある。

 

オイグルコン、ダオニール、アマリールなどがある。

 

②速効性インスリン分泌促進薬》SU薬と同じようにすい臓からインスリンを分泌させる働きを持つ薬だが、短時間で効く(その反面、短時間で効果は消える)特徴を持っている。

 

効果が短いため低血糖の心配は少ないが、ないとはいえない。

 

血糖値を下げる力は弱い。

 

スターシス、ファスティック、グルファストなどがある。

 

低血糖の危険なし③ピグァナィド薬恥インスリンの効果を高める薬で、すい臓に負担をかけることがない。

 

ダイエット効果もあり、肥満傾向の人にはぴったり。

 

低血糖も起こさないので安心して飲める。

 

一一○○五年、糖尿病の予防効果があるうえ副作用がほとんどない安全な薬であることが報告された。

 

私はこの薬を高く評価している。

 

メルビン(一般名メトフォルミンⅡ一一五ページ参照)、グリコラン、ジベトスBなどがある。

 

④インスリン抵抗性改善剤卵インスリンの効きを良くする薬だが、女性では貧血やむくみが出ることがある。

 

唯一アクトスがこの薬だ。

 

⑤アルファーグルコシダーゼ阻害剤酋灰水化物の分解に関係するアルファーグルコシダーゼという消化酵素の働きを抑え、ブドウ糖の腸からの吸収を遅らせる。

 

食事の直前に飲む必要があり、ガスが多くなるという副作用がある。

 

低血糖の危険性は少ない。

 

肝臓機能が悪化する恐れがあるので、服用している人には定期的検査が必要である。

 

ただし、やせたいと望んでいる人にはお薦めだ。

 

グルコバイ、ベイスンなどがある。

 

本音をいうと、私はSU薬とビグアナイド薬で糖尿病の血糖コントロールの治療は完結すると思っている。

 

合併症が進んでいて血糖値を確実に下げたいときには、SU薬を必ず使う。

 

軽症の人や低血糖が心配蔵人にはビグァナイド薬が最適だ(すでに述べたように、予防にも使えるくらいだ)。

 

それ以外の薬は、効果が中途半端だったり死亡例が報告されていたりして、処方がためらわれる。

 

薬の処方は絶えずメリットとデメリットを比較しながら行なわなくてはならない.注意しないと薬ばかり増えてしまうことになる。

 

2インスリン療法糖尿病はインスリンが出なくなったか効きが悪くなったことで起こる病気だから、インスリンを体外から補給するのが直接的な解決策で、糖尿病の根本治療といえるのだが、「血糖値を下げるのに薬の服用かインスリン注射が必要です。

 

どちらにしますか?」と聞くと、一○人のうち九人が薬を選ぶ。

 

このようにインスリンはとにかく毛嫌いされていて、「インスリン治療になってしまったらお終いだ」とか「一生インスリンを打ち続けるなんて真っ平だ」とか「自分で注射をするなんて考えられなどなど、強い拒絶反応が待っている。

 

それで専門医でも、なかなか患者さんにインスリン治療を切り出せないことが多かった。

 

しかし、最近すこし様相が変わってきた。

 

「薬じゃちっとも下がらないのでインスリンをお願いします」とか「薬よりインスリンのほうが体に良いのでしょう。

 

インスリンやってみます」という人が確実に増えてきている。

 

そういう患者さんには、三○?四○代と比較的若く、糖尿病の知識も豊富で、血糖コントロールに熱心な人たちが多い。

 

インスリン療法の最大の利点は、薬と違い確実に血糖値を下げることができるということ、次いで、基本的に副作用がほとんどないことだ。

 

副作用といえるのは、インスリンの量が多過ぎたときなどに起きる低血糖くらいで、しかもそうした低血糖はジュースでも一杯飲めばすぐに解消できる。

 

このため、副作用に注意しなければならない小児糖尿病、妊娠糖尿病は、薬は使わずインスリンで治療する。

 

また、肝臓が悪い人にもインスリンを使う。

 

インスリンを毛嫌いすることはない。

 

最新のインスリン注射器はプラスチックでできた使い捨てタイプだ(前ページ写真U・とても軽く持ち運びにも便利で、使い終えたら燃えないごみにポイと捨てることができる。

 

操作も驚くほど簡単で、もちろん入院する必要など全くない。

 

私のクリニックでは、インスリン注射の習得にかかる時間は平均一五分。

 

以前、操作を習うために二週間以上入院していたのがウソのようだ。

 

また、インスリン注射というと採血をイメージするのか「痛いからイヤ」という人も多いが、それは全くの誤解だ。

 

信じられないかもしれないが、痛みもほとんどない。

 

インスリンは血管にではなくおなかの皮に注射する。

 

針は改良されていて糸のように細く、痛みは感じない.恐る恐る初めて注射をした人は、「ほとんど痛くない。

 

指から採血して血糖値を測るときのほうがよっぽど痛い」と驚く。

 

ただ、注意していただきたいことが一つある。

 

それはインスリンを始めるなら、治療は糖尿病専門医のもとで行なっていただきたいということだ。

 

インスリンの匙かげんは専門医でも難しい。

 

私も駆け出しのころは、あの患者さんに注射したインスリンは量が多過ぎてはいなかったろうか、もしかして低血糖を起こし救急車で運ばれているのではなかろうか、と心配で眠れない日もあった。

 

インスリンとひと口にいっても、その種類は三○以上もある。

 

早く効くもの、ゆっくり効くもの、二つがいろいろな比率で混ざったものなどもあり、頻度も一日一回注射する人から五回注射する人までさまざまだ。

 

私も自信を持ってインスリンの量や種類を決められるようになったのは、専門医になってやっと一○年目のころだった。

 

経験を積めば積むほど奥の深い治療だと感じている。

 

インスリンの効果がどれほどすごいか、早速カルテを見てみよう。

 

■カルテから相l早く始めればよかった辻本さん(六一歳、男性)は証券関係の会社役員。

 

眼科の医師から白内障の手術をするのに血糖コントロールが必要と言われ、紹介されて私のクリニックを受診した。

 

小判型のダオニール(二・五蝿)とベイスン(○・三昭)をそれぞれ一日三錠ずつ飲んでいるが、ヘモグロビン趣値は一○・○とかなり高い。

 

血糖自己測定をしてみると、朝から血糖値は一八○くらいで、食後は一一-○○近いことも多い。

 

白内障の簡単な手術でも、血糖値は二五○以下、ヘモグロビン錘値は八未満に落とす必要があるから、まだ手術は無理だ。

 

そこで、寝る前一回だけインスリンを打つことを薦めたが、すぐには承知してくれなかった。

 

辻本さんはなんとか白内障の手術を受けようと、食事量を減らしたり一日一万歩歩いたりといった努力をしたが、一○月にはついにヘモグロビン舛値が二にまで上がり、薬が効かなくなったことを実感し、とうとうインスリンを六ヶ月間だけ打つことに同意した。

 

初めは使いやすいノボリンNという一日一回用のインスリンを六単位から開始したが、ちょうど三ヶ月後に、ランタスというやはり一日一回用の最新式のインスリンが出たので切り替えた。

 

ランタスは素晴らしい効果があり、欧米では三年も前から使われていて、発売が待たれていたものだ。

 

ともあれ、インスリンに替えてから薬では全く下がらなかったヘモグロビン辻値がウソのように改善し、一年後には葱んと六・一一になった。

 

辻本さんの感想は「こんなに良くなるなら早く始めればよかった。

 

痛くないんですね」というものだった。

 

■カルテから〃I初めからインスリンに挑戦福田さん(四五歳、男性)は金融関係の仕事で徹夜が多く、超多忙なため糖尿病の治療を三年間完全に放置していた。

 

クリニックに初めて来たときには、ヘモグロピン錘値が一○・九、血糖値も三四八とかなり高い値だった。

 

しかも尿アルブミン値が一一一四八と高く、腎臓の合併症はもう第3期だった。

 

そこで、ぐずぐずしている暇はない、できればインスリン治療で早急に確実に血糖コントロールをするのが理想だ、と説明した。

 

こういうとき、一○人中九人は「まず薬で治療したい」と希望を述べるが、福田さんは違った。

 

「わかりました。

 

入院しないでできるならインスリンをやってみましょう」ときっぱり言った。

 

即断即決はさすがだが、わずか一五分でインスリン注射のみならず血糖自己測定の使用法をもマスターしたのにはもっと驚いた。

 

看護師がどちらも大丈夫と太鼓判を押した。

 

初めはノポレット釦Rという使い捨てタイプのインスリンを使用したが、三ヶ月後、超速効型インスリンを含んだ釦ミックスという最新型が出たのですぐ切り替えた。

 

このインスリンの最大の長所は食事の直前に打てること。

 

そのメリットはインスリンを打ったことのある人にしかわからないだろう。

 

以前のインスリンはすべて食事の三○分前に打つ必要があったが、食事を三○分後にぴったり合わせてとるというのは結構難しいものなのだ。

 

しかも、最新型は低血糖を起こしにくいという、うれしい別のメリットもある。

 

福田さんがインスリン療法を始めて五ヶ月後、ヘモグロビン錘値は五・九にまで改善した。

 

3ジエネリック薬って何?最近、ジェネリック薬の宣伝を目にする機会が増えた。

 

しかし、よく目にするようになったわりには、一般の人にどんな薬なのか十分には理解されてはいないようだ。

 

薬選びは大切なので、ここで簡単に説明しておこう。

 

ジェネリック薬とは、ひと言でいうと「安い薬」だ。

 

薬の開発には一般に、一○○億円以上の膨大なお金と、一五年以上もの時間が費やされているので、開発経費が回収できるように、初めに開発したメーカーが独占的にその薬を製造・販売することが認められている。

 

ただし特許が切れると、他の製薬会社もその薬を製造・販売することが可能になる。

 

こうした他社で作られる特許切れの薬がジェネリック薬だ。

 

ジェネリック薬の価格(公定価格)はオリジナルの薬より三?五割も安い。

 

わが国にはジェネリック薬を専門に作る会社がたくさんある。

 

新しい薬は資金力のある大手製薬メーカーでないと、なかなか開発でき葱いのである。

 

医療費を抑制するため厚生労働省ジェネリック薬を推奨していて、開業医の七割以上が使っている。

 

また今、公定価格はオリジナルより三?五割安いと書いたが、実際にはジェネリック薬の薬局などへの卸価格は、公定価格の半分以下のことが多く、薬局などでもジェネリック薬のほうが利益が出るので、これからはジェネリック薬が確実に増えてくると予想されている。

 

しかし、私は一切ジェネリック薬は使わない。

 

糖尿病治療は薬が勝負だ。

 

トップクラスの外科医が最高のメスを使うのと同じように、私も薬だけはベストのものを使い続けたい。

 

初めに開発した製薬メーカーの薬のほうに私は信頼感を持っている。

 

4血糖自己測定のススメ血糖値がなかなか下がらないという声をよく聞く。

 

確かに四?五年前までは、月に一度の通院で血糖値を良くするのは、専門医にかかっていても困難だった。

 

しかし今は違う。

 

医療の進歩がこの難問を見事に解決した。

 

最新の血糖自己測定器(次ページ写真堰)があれば、たった五秒間で、痛みもほとんどなく、どこででも簡単に血糖値が測れるから、血糖コントロールがぐんと容易になった。

 

血糖自己測定器は薬局で手軽に購入できる。

 

使い方も教えてくれるはずだが、難しければ看護師に聞けばよい。

 

最新式の最大の利点は腕で測定できるということだ。

 

血糖測定にはどうしても少量の採血が必要で、古い器具はほとんどが指から採血するようになっているが、実は指に針を刺すと飛び上がるほど痛い。

 

痛くないようなら、神経(とくに痛覚)がかなり鈍くなっていると思ったほうがいい。

 

合併症(糖尿病神経障害)が進んでいる証拠である。

 

合併症の進んでいない、あるいは軽いステージニ?三の人には、指に刺して痛い思いをする旧式より、腕で測るこの最新式を断然お薦めする。

 

血糖値を測るのが苦にならないから、しょっちゅう測って、例えばそばがいかに血糖値を上げ、食後一五分の歩行がいかに血糖値を下げるか、実際の数値で実感できるのだ。

 

この測定器を体験した人は、「チェックしたいときすぐに気軽に測れるので、私がいかに勘違いし、血糖値を上げるようなことばかりしていたかよくわかりました」「牧田先生があれこれ言う必要はありません。

 

黙ってこれで血糖値を測ってもらえば、賢い人はみんな自分で良好な血糖コントロールを覚え、数値を良くしてしまいます」「今までは血糖値を下げる方法がわかりませんでした。

 

でも、もう大丈夫」などと言う。

 

例を挙げて実際の効果を見てみよう。

 

例を挙げて実際の効果を見てみよう。

 

ロカルテから旧lそばは上がるが肉はOK印刷会社の役員の小森さん(五五歳、男性)は糖尿病歴七年で、すこし小太りなのが貫禄を感じさせる。

 

初めて来院した際、「七年前、発症に気づいたときはヘモグロビン批値が九・二、血糖値も確か三○○以上あったのですが、教育入院後、半年でヘモグロビン錘値を六まで下げました。

 

でも最近また七を超え、食事に気をつけても全く下がらなくなりました。

 

そんなとき牧田先生のホームページを見て、受診しようと思ったんです」と語った。

 

記入してもらった問診表を見ると、見かけによらずかなりの甘党だ。

 

持参した糖尿病手帳によれば、教育入院当時は糖尿病の薬ダオーーール(一・二五聖一錠を飲んでかなり血糖値は改善したが、この一一年間はヘモグロビン錘値が九以上に悪化している。

 

それでも最近、薬は一切飲んでいなかったようだ。

 

私が問診表から顔を上げると、すかさず「なんとか薬に頼らないで治したい」ときっぱりと言う。

 

そこで‘血糖自己測定器を取り出して見せた。

 

「今はこの器具で簡単に血糖値が測れるのですが、ご存知でしたか」知らない、とゆっくり首を横に振る。

 

「これはアメリカ製の最新式で、七秒で結果が出ます」さらに私は、自分の左腕にある一mほどの小さなほくろを指さしながらこう言った。

 

「ほんのわずか血が必要ですが、ちょうどこのくらいで十分です。

 

しかも腕からだと、ほとんど痛くありません。

 

実は以前の器具はもっとたくさん血液が必要だったため、指から採血していました。

 

でも、指からだと飛び上がるほど痛い。

 

医療機器の大幅な進歩です。

 

これで血糖測定を始めると、気軽に測れるからか、みなさんびっくりするほど血糖値が良く蔵るんですよ」小森さんは、測定だけで本当に良くなるのだろうか、と疑いの眼だったが、ともかくやってみようということになった。

 

私は、初めて使ってみる患者さんには、手始めに土日の昼にうどんやそば、肉蔵ど一品だけ食べてもらい、二時間後に血糖値を調べてもらっている、と説明した。

 

さて二週間後、来院した小森さんが開口一番言ったことは「私は逆をやっていました」だった。

 

小森さんは早速、昼の食事前後で血糖値を測定し、その結果に驚いたという。

 

血糖値を記載する手帳には、知らない、とゆっくり首を横に振る。

 

「これはアメリカ製の最新式で、七秒で結果が出ます」さらに私は、自分の左腕にある一mほどの小さなほくろを指さしながらこう言った。

 

「ほんのわずか血が必要ですが、ちょうどこのくらいで十分です。

 

しかも腕からだと、ほとんど痛くありません。

 

実は以前の器具はもっとたくさん血液が必要だったため、指から採血していました。

 

でも、指からだと飛び上がるほど痛い。

 

医療機器の大幅な進歩です。

 

これで血糖測定を始めると、気軽に測れるからか、みなさんびっくりするほど血糖値が良く蔵るんですよ」小森さんは、測定だけで本当に良くなるのだろうか、と疑いの眼だったが、ともかくやってみようということになった。

 

私は、初めて使ってみる患者さんには、手始めに土日の昼にうどんやそば、肉蔵ど一品だけ食べてもらい、二時間後に血糖値を調べてもらっている、と説明した。

 

さて二週間後、来院した小森さんが開口一番言ったことは「私は逆をやっていました」だった。

 

小森さんは早速、昼の食事前後で血糖値を測定し、その結果に驚いたという。

 

血糖値を記載する手帳には、そば(ざるそば一枚)食前肉(ヒレステーキ)食前五六二時間後二五二二時間後一一三と書かれている。

 

小森さんは、「そばは血糖値に良いと信じていたのに、なんと二五二です。

 

こんなにそばでピューンと上がるとは思わなかった。

 

それで翌日、久しぶりに大きい牛ヒレ肉を食べて血糖値を測ってみたら、今度は上がるどころか下がってる。

 

どうしてなんでしょうね」と信じられないといった様子だった。

 

実のところ肉は消化されても(分解されても)アミノ酸になるだけだ。

 

アミノ酸は血糖値に全く影響を与え蔵い。

 

つまり血糖値を上げないのである。

 

その後、小森さんのヘモグロビン趣値は、わずか二ヶ月で九・二から六・四まで下がった。

 

どれほど血糖値が良くなっても、ヘモグロビン祉値が下がるのには時間がかかり、一ヶ月で一下がることは稀だから、これは驚くほどの下がり方だ。

 

入院してインスリン注射を受けてもなかなか達成できない改善度といえる。

 

小森さんはしみじみと言う。

 

「ただ漫然と血糖値を測ってもダメ。

 

データを分析して、どうして上がったかを絶えず考えることが大事です。

 

血糖値は智恵と工夫で自分で下げるものなんですね」■カルテから旧lおにぎり二個で二○○以上田中さん(六○歳、男性)は運送会社の社長で、やせて背が高くすらつとしておしようすいり、とても糖尿病とは田心えない。

 

でも、来院したときは、かなり樵伸しきった様子だった。

 

四年前に糖尿病に気づき一度は一ヶ月入院してヘモグロビン“値を七・六から五・七まで落とした。

 

しかし退院後徐々に悪化、思い切って大学病院を受診したが、その病院で、糖尿病は最悪の状態だ、インスリン治療が必要だ、と言われた。

 

田中さんとしてはインスリン治療はしたくなく、知人の紹介で私のクリニックを訪れたというわけだ。

 

私は、インスリン治療をせずに血糖値を下げたければ血糖自己測定が必要だ、と説明した。

 

実は田中さんは、血糖自己測定を四年前の入院時に体験していたのだが、指に針を刺すとあまりにも痛く、退院後一ヶ月で止めていた。

 

それだけに私の説明を聞き、実際に測定してみて、同じ採血でも腕だと全く痛くないことに驚いた。

 

そして、しばらくは食前、食後や寝る前など、合計一日七回もチェックしたりした。

 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 

その甲斐あって田中さんも、.やはりたった三ヶ月で目標のヘモグロビン吐値六・五未満を達成した。

 

今は糖尿病の薬もなしですませている。

 

田中さんはこう言う。

 

「おにぎり二個で血糖値が二○○以上に上がったときはショックでした。

 

でも、うなぎなんかはご飯さえ減らせば大丈夫。

 

食後の値が三○五になったとき、万歩計をつけて三○○○歩歩いたら、なんと一○五に下がった。

 

こういうことを繰り返して、食べても下げる方法を学んだんですよ」5運動はどうする運動にはウォーキングが一番だ。

 

そのポイントは以下のとおりである。

 

一日二回、一回二○分以上が理想。

 

速歩で歩くこと。

 

そうすれば消費カロリーが大きく、血糖値もより下がる。

 

ゆっくり歩き(一時間)の消費カロリー二五○カロリー速歩(一時間)の消費カロリー二一一○○カロリー●食後(一・五時間か二時間後までの時間帯)に行なうのが理想。

 

糖尿病なら誰でも運動したほうがいいのかというと、必ずしもそうではない。

 

以下の人は注意が必要である。

 

●血糖値が高い人(食前の値が一一○○以上、ヘモグロビン虹値が九以上)。

 

こういう人は血糖コントロールをしてから運動を行なうのが原則だ。

 

●心臓、腎臓が悪い人。

 

主治医に相談してから行なうこと。

 

●目の合併症(網膜症)が進んでいる人。

 

血糖自己測定をしてウォーキングの効果を確認している人が、私の患者さんには多い。

 

その体験をまとめると以下のようになる。

 

●自転車は血糖値を下げない。

 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 

一時間乗ってもダメで、やはり歩くのがいい。

 

●食後の血糖値が二五○くらいに上がっても、二○○○歩(大体二○分)歩くと一○くらいに下がる。

 

●夕食後三○分くらい歩くと、翌朝の血糖値がすごく良くなる。

 

●スポーッジムでランニングなどの激しい運動をすると、長時間血糖値は下がっている(激しい運動の効果はかなり長く持続する)。

 

なお、ウォーキングは有酸素連動で血糖値を下げるには理想の運動といえるが、これに筋肉トレーニングを加えるとさらに良い。

 

筋肉をつけると血糖値が安定して下がる。

 

筋肉量が多いと、より多くのブドウ糖を筋肉が血管から取り込むことができるからだ。

 

体の大きな筋肉(腹筋、胸の筋肉、尻の筋肉など)を鍛え、「さらばブョブョのおなか」を目指していただきたい。

 

6カロリー計算しない食事療法糖尿病では食事療法が重要なので、栄養士の指導を受けるよう医師から一一一一口われることがよくあると思うが、忙しくて栄養士の話を聞く時間がなかったり、聞いても実行が難しかったりする患者さんも多い(実際、カロリー計算は面倒なので)。

 

そういう人のために、カーボハィドレート・カゥンティング(以下CCと略す)という、カロリー計算をせずにすむ食事療法を紹介したい。

 

血糖値を下げる最新の食事療法である。

 

カーポハイドレートは「炭水化物」、カウンティングは「計算する」「数える」という意味で、文字どおり炭水化物に的を絞りその摂取を抑えるものだ。

 

血糖値を上げるのは炭水化物だからである(第2章の1参照)。

 

イギリスで始まったが、手軽で、効果が高いことが証明され、一九九四年アメリカで、糖尿病学会推奨の糖尿病食事療法として公式に採用された。

 

実は以前はアメリカでも、わが国と同じようにカロリー制限をもとにした糖尿病食で治療していたが、この一○年間でCCが糖尿病の食事療法として完全に定着した。

 

CCの長所は次の二点に要約される。

 

●炭水化物の摂取を減らすのが食事療法として有効なことが、科学的(あるいは医学的)に証明されている。

 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 

つまり効果が確認されている。

 

●カロリー制限を主とする従来の食事療法より格段に簡単である。

 

この食事療法であなたが実行するのは、ただ炭水化物を減らすことだけだ。

 

私の経験では、糖尿病になる人の八割くらいは炭水化物が大好きだ。

 

これには甘党もご飯好きもラーメン好きも入る。

 

そもそも栄養素には炭水化物のほか、タンパク質や脂肪などがあるが、炭水化物好きの人が何も気にせず食べたとしたら、食べるものの約八割は炭水化物になる。

 

何度もいうように、炭水化物は血糖値を上げる。

 

だからこそ、炭水化物を減らすことに努力しようというのがCCなのだ。

 

タンパク質や脂肪を、なぜこのCCでは無視するのか。

 

それは、それらを消化・吸収する機序を考えればわかる。

 

まず肉や魚などのタンパク質は、タンパク分解酵素の働きでアミノ酸に分解され、腸から吸収される。

 

アミノ酸は血糖値にはなんら影響を与えない。

 

だから、肉を食べても血糖値は上がらない。

 

余談になるが、よく「コラーゲンを飲んでお肌をきれいにしよう」などという広告が出ているが、そんなことはありえない。

 

いくらたくさんコラーゲンを飲んでも、腸から吸収されるときはアミノ酸に完全に分解されてしまうからである。

 

吸収されるときには、もうコラーゲンは跡形もない。

 

人間は自分に必要なタンパク質(コラーゲンなど)は、自分で作り直すのだ。

 

どうしてインスリンは口から飲んでも効かないのか(なぜインスリンを飲み薬にできないのか)と質問されることがよくあるが、これも原理は同じことだ。

 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 

インスリンを口から飲んでも、腸で吸収されるときには分解されてアミノ酸になってしまうからである。

 

脂肪についても同様で、脂肪はリパーゼなどの消化酵素によって脂肪酸とグリセロールに分解され、腸から吸収される。

 

脂肪酸とグリセロールも、アミノ酸同様、血糖値を上げない。

 

事実、正常者(糖尿病でない人)の血糖曲線は次ページ図加のようになる。

 

タンパク質をとっても脂肪をとっても血糖値は上がらないが、炭水化物をとると食後三○分ごろから(消化が終わりブドウ糖の吸収が始まったころから)血糖値はぐんぐん上がっていくのだ。

 

ところが、間違った知識(先入観)を持つ人は、この事実がなかなか受け入れられない。

 

摂取カロリーが血糖値を決めると信じ込んでいるからだ。

 

それで、「ざるそば一枚よりステーキのほうが血糖値を上げないなんて信じられない」「天独羅やうなぎを食べても血糖値が上がらないなんてホントですか」「ご飯は腹持ちが良いから、糖尿病には良いと思っていました」などと言う。

 

しかし、炭水化物こそが血糖値を上げることは、血糖自己測定をすれば一目瞭然なのである。

 

肥満を防止するうえでカロリー制限が必要なことはいうまでもないが、こと血糖値を下げるという点では、肝心なのはカロリーではなく炭水化物なのだ。

 

それに、炭水化物を減らせぱ、血糖値が下がるだけではなく、体重も減り中性脂肪値も下がる。

 

志任意していただきたいのは、果物にも乳製品にも、そして野菜にも炭水化物は含まれているということだ。

 

表8に代表的な食べ物の炭水化物含有量を示しておいた。

 

ついでながらアルコールはどうか。

 

次ページ表9に酒の種類ごとの炭水化物含有量を示したが、これを見るとほとんどの酒が、炭水化物はほんのすこししか含んでいない。

 

ただし、ビールだけは多く含んでいるから、飲めば血糖値は上がる。

 

なお、血糖値が下がると肝臓からブドウ糖が出てくるが、アルコールはこの放出を抑える。

 

したがって、インスリンを打っている人や糖尿病の薬(とくにSU薬という系統の薬)を飲んでいる人は、アルコール摂取の際には低血糖を起こさぬよう注意が必要だ(SU薬については一四六ページ参照)。

 

また、同じ炭水化物でも、真白いパンよりライ麦パンのほうが血糖値を上げない。

 

同じように、真白いご飯より黒米や五穀米、雑穀米を混ぜたご飯のほうが血糖値は下がる。

 

例えば、白米や白いパンだと食後の血糖値は二二○くらいに上がるが五穀米や雑穀米やライ麦パンに変えると一八○というところだ。

 

四○も血糖値を低下せるのだから素晴らしい。

 

この効果はGI値という血糖の上がりやすさを示すデータでも証明されている。

糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期