読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

糖尿病の治療!初期はどうする?

こんな治療、あんな治療

ここまでで敵を知り、己を知った。

 

最後に自分にぴったり合った治療を見つけよう。

 

ここで忘れてならないのは、治療に当たってのキー・ハーソンは、決して担当の医者ではなく、あなた自身だということだ。

 

1糖尿病の薬糖尿病の薬は血糖値を下げる薬なので、中には下げ過ぎる(低血糖を引き起こす)危険性のあるものもある。

 

そこで、低血糖を引き起こす危険がある薬と、蔵い薬に分けて説明することにしよう。

 

低血糖の危険あり①スルホニル尿素薬(SU薬)『すい臓に働きかけてインスリンの分泌を増やす薬だ。

 

最も古く、最もよく使われているスタンダードといえる薬で、一番の特徴は血糖値を下げる力が最も強いこと(つまり、効きが良いこと)。

 

一方、欠点は低血糖が起きる可能性があること、長期間飲むとすい臓に負担がかかり、最終的に効かなくなることだ。

 

他の薬に比べて格段に(一○倍くらい)効果が高く、この薬が効かなくなったら他の薬でもダメで、速やかにインスリンに変える必要がある。

 

オイグルコン、ダオニール、アマリールなどがある。

 

②速効性インスリン分泌促進薬》SU薬と同じようにすい臓からインスリンを分泌させる働きを持つ薬だが、短時間で効く(その反面、短時間で効果は消える)特徴を持っている。

 

効果が短いため低血糖の心配は少ないが、ないとはいえない。

 

血糖値を下げる力は弱い。

 

スターシス、ファスティック、グルファストなどがある。

 

低血糖の危険なし③ピグァナィド薬恥インスリンの効果を高める薬で、すい臓に負担をかけることがない。

 

ダイエット効果もあり、肥満傾向の人にはぴったり。

 

低血糖も起こさないので安心して飲める。

 

一一○○五年、糖尿病の予防効果があるうえ副作用がほとんどない安全な薬であることが報告された。

 

私はこの薬を高く評価している。

 

メルビン(一般名メトフォルミンⅡ一一五ページ参照)、グリコラン、ジベトスBなどがある。

 

④インスリン抵抗性改善剤卵インスリンの効きを良くする薬だが、女性では貧血やむくみが出ることがある。

 

唯一アクトスがこの薬だ。

 

⑤アルファーグルコシダーゼ阻害剤酋灰水化物の分解に関係するアルファーグルコシダーゼという消化酵素の働きを抑え、ブドウ糖の腸からの吸収を遅らせる。

 

食事の直前に飲む必要があり、ガスが多くなるという副作用がある。

 

低血糖の危険性は少ない。

 

肝臓機能が悪化する恐れがあるので、服用している人には定期的検査が必要である。

 

ただし、やせたいと望んでいる人にはお薦めだ。

 

グルコバイ、ベイスンなどがある。

 

本音をいうと、私はSU薬とビグアナイド薬で糖尿病の血糖コントロールの治療は完結すると思っている。

 

合併症が進んでいて血糖値を確実に下げたいときには、SU薬を必ず使う。

 

軽症の人や低血糖が心配蔵人にはビグァナイド薬が最適だ(すでに述べたように、予防にも使えるくらいだ)。

 

それ以外の薬は、効果が中途半端だったり死亡例が報告されていたりして、処方がためらわれる。

 

薬の処方は絶えずメリットとデメリットを比較しながら行なわなくてはならない.注意しないと薬ばかり増えてしまうことになる。

 

2インスリン療法糖尿病はインスリンが出なくなったか効きが悪くなったことで起こる病気だから、インスリンを体外から補給するのが直接的な解決策で、糖尿病の根本治療といえるのだが、「血糖値を下げるのに薬の服用かインスリン注射が必要です。

 

どちらにしますか?」と聞くと、一○人のうち九人が薬を選ぶ。

 

このようにインスリンはとにかく毛嫌いされていて、「インスリン治療になってしまったらお終いだ」とか「一生インスリンを打ち続けるなんて真っ平だ」とか「自分で注射をするなんて考えられなどなど、強い拒絶反応が待っている。

 

それで専門医でも、なかなか患者さんにインスリン治療を切り出せないことが多かった。

 

しかし、最近すこし様相が変わってきた。

 

「薬じゃちっとも下がらないのでインスリンをお願いします」とか「薬よりインスリンのほうが体に良いのでしょう。

 

インスリンやってみます」という人が確実に増えてきている。

 

そういう患者さんには、三○?四○代と比較的若く、糖尿病の知識も豊富で、血糖コントロールに熱心な人たちが多い。

 

インスリン療法の最大の利点は、薬と違い確実に血糖値を下げることができるということ、次いで、基本的に副作用がほとんどないことだ。

 

副作用といえるのは、インスリンの量が多過ぎたときなどに起きる低血糖くらいで、しかもそうした低血糖はジュースでも一杯飲めばすぐに解消できる。

 

このため、副作用に注意しなければならない小児糖尿病、妊娠糖尿病は、薬は使わずインスリンで治療する。

 

また、肝臓が悪い人にもインスリンを使う。

 

インスリンを毛嫌いすることはない。

 

最新のインスリン注射器はプラスチックでできた使い捨てタイプだ(前ページ写真U・とても軽く持ち運びにも便利で、使い終えたら燃えないごみにポイと捨てることができる。

 

操作も驚くほど簡単で、もちろん入院する必要など全くない。

 

私のクリニックでは、インスリン注射の習得にかかる時間は平均一五分。

 

以前、操作を習うために二週間以上入院していたのがウソのようだ。

 

また、インスリン注射というと採血をイメージするのか「痛いからイヤ」という人も多いが、それは全くの誤解だ。

 

信じられないかもしれないが、痛みもほとんどない。

 

インスリンは血管にではなくおなかの皮に注射する。

 

針は改良されていて糸のように細く、痛みは感じない.恐る恐る初めて注射をした人は、「ほとんど痛くない。

 

指から採血して血糖値を測るときのほうがよっぽど痛い」と驚く。

 

ただ、注意していただきたいことが一つある。

 

それはインスリンを始めるなら、治療は糖尿病専門医のもとで行なっていただきたいということだ。

 

インスリンの匙かげんは専門医でも難しい。

 

私も駆け出しのころは、あの患者さんに注射したインスリンは量が多過ぎてはいなかったろうか、もしかして低血糖を起こし救急車で運ばれているのではなかろうか、と心配で眠れない日もあった。

 

インスリンとひと口にいっても、その種類は三○以上もある。

 

早く効くもの、ゆっくり効くもの、二つがいろいろな比率で混ざったものなどもあり、頻度も一日一回注射する人から五回注射する人までさまざまだ。

 

私も自信を持ってインスリンの量や種類を決められるようになったのは、専門医になってやっと一○年目のころだった。

 

経験を積めば積むほど奥の深い治療だと感じている。

 

インスリンの効果がどれほどすごいか、早速カルテを見てみよう。

 

■カルテから相l早く始めればよかった辻本さん(六一歳、男性)は証券関係の会社役員。

 

眼科の医師から白内障の手術をするのに血糖コントロールが必要と言われ、紹介されて私のクリニックを受診した。

 

小判型のダオニール(二・五蝿)とベイスン(○・三昭)をそれぞれ一日三錠ずつ飲んでいるが、ヘモグロビン趣値は一○・○とかなり高い。

 

血糖自己測定をしてみると、朝から血糖値は一八○くらいで、食後は一一-○○近いことも多い。

 

白内障の簡単な手術でも、血糖値は二五○以下、ヘモグロビン錘値は八未満に落とす必要があるから、まだ手術は無理だ。

 

そこで、寝る前一回だけインスリンを打つことを薦めたが、すぐには承知してくれなかった。

 

辻本さんはなんとか白内障の手術を受けようと、食事量を減らしたり一日一万歩歩いたりといった努力をしたが、一○月にはついにヘモグロビン舛値が二にまで上がり、薬が効かなくなったことを実感し、とうとうインスリンを六ヶ月間だけ打つことに同意した。

 

初めは使いやすいノボリンNという一日一回用のインスリンを六単位から開始したが、ちょうど三ヶ月後に、ランタスというやはり一日一回用の最新式のインスリンが出たので切り替えた。

 

ランタスは素晴らしい効果があり、欧米では三年も前から使われていて、発売が待たれていたものだ。

 

ともあれ、インスリンに替えてから薬では全く下がらなかったヘモグロビン辻値がウソのように改善し、一年後には葱んと六・一一になった。

 

辻本さんの感想は「こんなに良くなるなら早く始めればよかった。

 

痛くないんですね」というものだった。

 

■カルテから〃I初めからインスリンに挑戦福田さん(四五歳、男性)は金融関係の仕事で徹夜が多く、超多忙なため糖尿病の治療を三年間完全に放置していた。

 

クリニックに初めて来たときには、ヘモグロピン錘値が一○・九、血糖値も三四八とかなり高い値だった。

 

しかも尿アルブミン値が一一一四八と高く、腎臓の合併症はもう第3期だった。

 

そこで、ぐずぐずしている暇はない、できればインスリン治療で早急に確実に血糖コントロールをするのが理想だ、と説明した。

 

こういうとき、一○人中九人は「まず薬で治療したい」と希望を述べるが、福田さんは違った。

 

「わかりました。

 

入院しないでできるならインスリンをやってみましょう」ときっぱり言った。

 

即断即決はさすがだが、わずか一五分でインスリン注射のみならず血糖自己測定の使用法をもマスターしたのにはもっと驚いた。

 

看護師がどちらも大丈夫と太鼓判を押した。

 

初めはノポレット釦Rという使い捨てタイプのインスリンを使用したが、三ヶ月後、超速効型インスリンを含んだ釦ミックスという最新型が出たのですぐ切り替えた。

 

このインスリンの最大の長所は食事の直前に打てること。

 

そのメリットはインスリンを打ったことのある人にしかわからないだろう。

 

以前のインスリンはすべて食事の三○分前に打つ必要があったが、食事を三○分後にぴったり合わせてとるというのは結構難しいものなのだ。

 

しかも、最新型は低血糖を起こしにくいという、うれしい別のメリットもある。

 

福田さんがインスリン療法を始めて五ヶ月後、ヘモグロビン錘値は五・九にまで改善した。

 

3ジエネリック薬って何?最近、ジェネリック薬の宣伝を目にする機会が増えた。

 

しかし、よく目にするようになったわりには、一般の人にどんな薬なのか十分には理解されてはいないようだ。

 

薬選びは大切なので、ここで簡単に説明しておこう。

 

ジェネリック薬とは、ひと言でいうと「安い薬」だ。

 

薬の開発には一般に、一○○億円以上の膨大なお金と、一五年以上もの時間が費やされているので、開発経費が回収できるように、初めに開発したメーカーが独占的にその薬を製造・販売することが認められている。

 

ただし特許が切れると、他の製薬会社もその薬を製造・販売することが可能になる。

 

こうした他社で作られる特許切れの薬がジェネリック薬だ。

 

ジェネリック薬の価格(公定価格)はオリジナルの薬より三?五割も安い。

 

わが国にはジェネリック薬を専門に作る会社がたくさんある。

 

新しい薬は資金力のある大手製薬メーカーでないと、なかなか開発でき葱いのである。

 

医療費を抑制するため厚生労働省ジェネリック薬を推奨していて、開業医の七割以上が使っている。

 

また今、公定価格はオリジナルより三?五割安いと書いたが、実際にはジェネリック薬の薬局などへの卸価格は、公定価格の半分以下のことが多く、薬局などでもジェネリック薬のほうが利益が出るので、これからはジェネリック薬が確実に増えてくると予想されている。

 

しかし、私は一切ジェネリック薬は使わない。

 

糖尿病治療は薬が勝負だ。

 

トップクラスの外科医が最高のメスを使うのと同じように、私も薬だけはベストのものを使い続けたい。

 

初めに開発した製薬メーカーの薬のほうに私は信頼感を持っている。

 

4血糖自己測定のススメ血糖値がなかなか下がらないという声をよく聞く。

 

確かに四?五年前までは、月に一度の通院で血糖値を良くするのは、専門医にかかっていても困難だった。

 

しかし今は違う。

 

医療の進歩がこの難問を見事に解決した。

 

最新の血糖自己測定器(次ページ写真堰)があれば、たった五秒間で、痛みもほとんどなく、どこででも簡単に血糖値が測れるから、血糖コントロールがぐんと容易になった。

 

血糖自己測定器は薬局で手軽に購入できる。

 

使い方も教えてくれるはずだが、難しければ看護師に聞けばよい。

 

最新式の最大の利点は腕で測定できるということだ。

 

血糖測定にはどうしても少量の採血が必要で、古い器具はほとんどが指から採血するようになっているが、実は指に針を刺すと飛び上がるほど痛い。

 

痛くないようなら、神経(とくに痛覚)がかなり鈍くなっていると思ったほうがいい。

 

合併症(糖尿病神経障害)が進んでいる証拠である。

 

合併症の進んでいない、あるいは軽いステージニ?三の人には、指に刺して痛い思いをする旧式より、腕で測るこの最新式を断然お薦めする。

 

血糖値を測るのが苦にならないから、しょっちゅう測って、例えばそばがいかに血糖値を上げ、食後一五分の歩行がいかに血糖値を下げるか、実際の数値で実感できるのだ。

 

この測定器を体験した人は、「チェックしたいときすぐに気軽に測れるので、私がいかに勘違いし、血糖値を上げるようなことばかりしていたかよくわかりました」「牧田先生があれこれ言う必要はありません。

 

黙ってこれで血糖値を測ってもらえば、賢い人はみんな自分で良好な血糖コントロールを覚え、数値を良くしてしまいます」「今までは血糖値を下げる方法がわかりませんでした。

 

でも、もう大丈夫」などと言う。

 

例を挙げて実際の効果を見てみよう。

 

例を挙げて実際の効果を見てみよう。

 

ロカルテから旧lそばは上がるが肉はOK印刷会社の役員の小森さん(五五歳、男性)は糖尿病歴七年で、すこし小太りなのが貫禄を感じさせる。

 

初めて来院した際、「七年前、発症に気づいたときはヘモグロビン批値が九・二、血糖値も確か三○○以上あったのですが、教育入院後、半年でヘモグロビン錘値を六まで下げました。

 

でも最近また七を超え、食事に気をつけても全く下がらなくなりました。

 

そんなとき牧田先生のホームページを見て、受診しようと思ったんです」と語った。

 

記入してもらった問診表を見ると、見かけによらずかなりの甘党だ。

 

持参した糖尿病手帳によれば、教育入院当時は糖尿病の薬ダオーーール(一・二五聖一錠を飲んでかなり血糖値は改善したが、この一一年間はヘモグロビン錘値が九以上に悪化している。

 

それでも最近、薬は一切飲んでいなかったようだ。

 

私が問診表から顔を上げると、すかさず「なんとか薬に頼らないで治したい」ときっぱりと言う。

 

そこで‘血糖自己測定器を取り出して見せた。

 

「今はこの器具で簡単に血糖値が測れるのですが、ご存知でしたか」知らない、とゆっくり首を横に振る。

 

「これはアメリカ製の最新式で、七秒で結果が出ます」さらに私は、自分の左腕にある一mほどの小さなほくろを指さしながらこう言った。

 

「ほんのわずか血が必要ですが、ちょうどこのくらいで十分です。

 

しかも腕からだと、ほとんど痛くありません。

 

実は以前の器具はもっとたくさん血液が必要だったため、指から採血していました。

 

でも、指からだと飛び上がるほど痛い。

 

医療機器の大幅な進歩です。

 

これで血糖測定を始めると、気軽に測れるからか、みなさんびっくりするほど血糖値が良く蔵るんですよ」小森さんは、測定だけで本当に良くなるのだろうか、と疑いの眼だったが、ともかくやってみようということになった。

 

私は、初めて使ってみる患者さんには、手始めに土日の昼にうどんやそば、肉蔵ど一品だけ食べてもらい、二時間後に血糖値を調べてもらっている、と説明した。

 

さて二週間後、来院した小森さんが開口一番言ったことは「私は逆をやっていました」だった。

 

小森さんは早速、昼の食事前後で血糖値を測定し、その結果に驚いたという。

 

血糖値を記載する手帳には、知らない、とゆっくり首を横に振る。

 

「これはアメリカ製の最新式で、七秒で結果が出ます」さらに私は、自分の左腕にある一mほどの小さなほくろを指さしながらこう言った。

 

「ほんのわずか血が必要ですが、ちょうどこのくらいで十分です。

 

しかも腕からだと、ほとんど痛くありません。

 

実は以前の器具はもっとたくさん血液が必要だったため、指から採血していました。

 

でも、指からだと飛び上がるほど痛い。

 

医療機器の大幅な進歩です。

 

これで血糖測定を始めると、気軽に測れるからか、みなさんびっくりするほど血糖値が良く蔵るんですよ」小森さんは、測定だけで本当に良くなるのだろうか、と疑いの眼だったが、ともかくやってみようということになった。

 

私は、初めて使ってみる患者さんには、手始めに土日の昼にうどんやそば、肉蔵ど一品だけ食べてもらい、二時間後に血糖値を調べてもらっている、と説明した。

 

さて二週間後、来院した小森さんが開口一番言ったことは「私は逆をやっていました」だった。

 

小森さんは早速、昼の食事前後で血糖値を測定し、その結果に驚いたという。

 

血糖値を記載する手帳には、そば(ざるそば一枚)食前肉(ヒレステーキ)食前五六二時間後二五二二時間後一一三と書かれている。

 

小森さんは、「そばは血糖値に良いと信じていたのに、なんと二五二です。

 

こんなにそばでピューンと上がるとは思わなかった。

 

それで翌日、久しぶりに大きい牛ヒレ肉を食べて血糖値を測ってみたら、今度は上がるどころか下がってる。

 

どうしてなんでしょうね」と信じられないといった様子だった。

 

実のところ肉は消化されても(分解されても)アミノ酸になるだけだ。

 

アミノ酸は血糖値に全く影響を与え蔵い。

 

つまり血糖値を上げないのである。

 

その後、小森さんのヘモグロビン趣値は、わずか二ヶ月で九・二から六・四まで下がった。

 

どれほど血糖値が良くなっても、ヘモグロビン祉値が下がるのには時間がかかり、一ヶ月で一下がることは稀だから、これは驚くほどの下がり方だ。

 

入院してインスリン注射を受けてもなかなか達成できない改善度といえる。

 

小森さんはしみじみと言う。

 

「ただ漫然と血糖値を測ってもダメ。

 

データを分析して、どうして上がったかを絶えず考えることが大事です。

 

血糖値は智恵と工夫で自分で下げるものなんですね」■カルテから旧lおにぎり二個で二○○以上田中さん(六○歳、男性)は運送会社の社長で、やせて背が高くすらつとしておしようすいり、とても糖尿病とは田心えない。

 

でも、来院したときは、かなり樵伸しきった様子だった。

 

四年前に糖尿病に気づき一度は一ヶ月入院してヘモグロビン“値を七・六から五・七まで落とした。

 

しかし退院後徐々に悪化、思い切って大学病院を受診したが、その病院で、糖尿病は最悪の状態だ、インスリン治療が必要だ、と言われた。

 

田中さんとしてはインスリン治療はしたくなく、知人の紹介で私のクリニックを訪れたというわけだ。

 

私は、インスリン治療をせずに血糖値を下げたければ血糖自己測定が必要だ、と説明した。

 

実は田中さんは、血糖自己測定を四年前の入院時に体験していたのだが、指に針を刺すとあまりにも痛く、退院後一ヶ月で止めていた。

 

それだけに私の説明を聞き、実際に測定してみて、同じ採血でも腕だと全く痛くないことに驚いた。

 

そして、しばらくは食前、食後や寝る前など、合計一日七回もチェックしたりした。

 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 

その甲斐あって田中さんも、.やはりたった三ヶ月で目標のヘモグロビン吐値六・五未満を達成した。

 

今は糖尿病の薬もなしですませている。

 

田中さんはこう言う。

 

「おにぎり二個で血糖値が二○○以上に上がったときはショックでした。

 

でも、うなぎなんかはご飯さえ減らせば大丈夫。

 

食後の値が三○五になったとき、万歩計をつけて三○○○歩歩いたら、なんと一○五に下がった。

 

こういうことを繰り返して、食べても下げる方法を学んだんですよ」5運動はどうする運動にはウォーキングが一番だ。

 

そのポイントは以下のとおりである。

 

一日二回、一回二○分以上が理想。

 

速歩で歩くこと。

 

そうすれば消費カロリーが大きく、血糖値もより下がる。

 

ゆっくり歩き(一時間)の消費カロリー二五○カロリー速歩(一時間)の消費カロリー二一一○○カロリー●食後(一・五時間か二時間後までの時間帯)に行なうのが理想。

 

糖尿病なら誰でも運動したほうがいいのかというと、必ずしもそうではない。

 

以下の人は注意が必要である。

 

●血糖値が高い人(食前の値が一一○○以上、ヘモグロビン虹値が九以上)。

 

こういう人は血糖コントロールをしてから運動を行なうのが原則だ。

 

●心臓、腎臓が悪い人。

 

主治医に相談してから行なうこと。

 

●目の合併症(網膜症)が進んでいる人。

 

血糖自己測定をしてウォーキングの効果を確認している人が、私の患者さんには多い。

 

その体験をまとめると以下のようになる。

 

●自転車は血糖値を下げない。

 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 

一時間乗ってもダメで、やはり歩くのがいい。

 

●食後の血糖値が二五○くらいに上がっても、二○○○歩(大体二○分)歩くと一○くらいに下がる。

 

●夕食後三○分くらい歩くと、翌朝の血糖値がすごく良くなる。

 

●スポーッジムでランニングなどの激しい運動をすると、長時間血糖値は下がっている(激しい運動の効果はかなり長く持続する)。

 

なお、ウォーキングは有酸素連動で血糖値を下げるには理想の運動といえるが、これに筋肉トレーニングを加えるとさらに良い。

 

筋肉をつけると血糖値が安定して下がる。

 

筋肉量が多いと、より多くのブドウ糖を筋肉が血管から取り込むことができるからだ。

 

体の大きな筋肉(腹筋、胸の筋肉、尻の筋肉など)を鍛え、「さらばブョブョのおなか」を目指していただきたい。

 

6カロリー計算しない食事療法糖尿病では食事療法が重要なので、栄養士の指導を受けるよう医師から一一一一口われることがよくあると思うが、忙しくて栄養士の話を聞く時間がなかったり、聞いても実行が難しかったりする患者さんも多い(実際、カロリー計算は面倒なので)。

 

そういう人のために、カーボハィドレート・カゥンティング(以下CCと略す)という、カロリー計算をせずにすむ食事療法を紹介したい。

 

血糖値を下げる最新の食事療法である。

 

カーポハイドレートは「炭水化物」、カウンティングは「計算する」「数える」という意味で、文字どおり炭水化物に的を絞りその摂取を抑えるものだ。

 

血糖値を上げるのは炭水化物だからである(第2章の1参照)。

 

イギリスで始まったが、手軽で、効果が高いことが証明され、一九九四年アメリカで、糖尿病学会推奨の糖尿病食事療法として公式に採用された。

 

実は以前はアメリカでも、わが国と同じようにカロリー制限をもとにした糖尿病食で治療していたが、この一○年間でCCが糖尿病の食事療法として完全に定着した。

 

CCの長所は次の二点に要約される。

 

●炭水化物の摂取を減らすのが食事療法として有効なことが、科学的(あるいは医学的)に証明されている。

 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 

つまり効果が確認されている。

 

●カロリー制限を主とする従来の食事療法より格段に簡単である。

 

この食事療法であなたが実行するのは、ただ炭水化物を減らすことだけだ。

 

私の経験では、糖尿病になる人の八割くらいは炭水化物が大好きだ。

 

これには甘党もご飯好きもラーメン好きも入る。

 

そもそも栄養素には炭水化物のほか、タンパク質や脂肪などがあるが、炭水化物好きの人が何も気にせず食べたとしたら、食べるものの約八割は炭水化物になる。

 

何度もいうように、炭水化物は血糖値を上げる。

 

だからこそ、炭水化物を減らすことに努力しようというのがCCなのだ。

 

タンパク質や脂肪を、なぜこのCCでは無視するのか。

 

それは、それらを消化・吸収する機序を考えればわかる。

 

まず肉や魚などのタンパク質は、タンパク分解酵素の働きでアミノ酸に分解され、腸から吸収される。

 

アミノ酸は血糖値にはなんら影響を与えない。

 

だから、肉を食べても血糖値は上がらない。

 

余談になるが、よく「コラーゲンを飲んでお肌をきれいにしよう」などという広告が出ているが、そんなことはありえない。

 

いくらたくさんコラーゲンを飲んでも、腸から吸収されるときはアミノ酸に完全に分解されてしまうからである。

 

吸収されるときには、もうコラーゲンは跡形もない。

 

人間は自分に必要なタンパク質(コラーゲンなど)は、自分で作り直すのだ。

 

どうしてインスリンは口から飲んでも効かないのか(なぜインスリンを飲み薬にできないのか)と質問されることがよくあるが、これも原理は同じことだ。

 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 

インスリンを口から飲んでも、腸で吸収されるときには分解されてアミノ酸になってしまうからである。

 

脂肪についても同様で、脂肪はリパーゼなどの消化酵素によって脂肪酸とグリセロールに分解され、腸から吸収される。

 

脂肪酸とグリセロールも、アミノ酸同様、血糖値を上げない。

 

事実、正常者(糖尿病でない人)の血糖曲線は次ページ図加のようになる。

 

タンパク質をとっても脂肪をとっても血糖値は上がらないが、炭水化物をとると食後三○分ごろから(消化が終わりブドウ糖の吸収が始まったころから)血糖値はぐんぐん上がっていくのだ。

 

ところが、間違った知識(先入観)を持つ人は、この事実がなかなか受け入れられない。

 

摂取カロリーが血糖値を決めると信じ込んでいるからだ。

 

それで、「ざるそば一枚よりステーキのほうが血糖値を上げないなんて信じられない」「天独羅やうなぎを食べても血糖値が上がらないなんてホントですか」「ご飯は腹持ちが良いから、糖尿病には良いと思っていました」などと言う。

 

しかし、炭水化物こそが血糖値を上げることは、血糖自己測定をすれば一目瞭然なのである。

 

肥満を防止するうえでカロリー制限が必要なことはいうまでもないが、こと血糖値を下げるという点では、肝心なのはカロリーではなく炭水化物なのだ。

 

それに、炭水化物を減らせぱ、血糖値が下がるだけではなく、体重も減り中性脂肪値も下がる。

 

志任意していただきたいのは、果物にも乳製品にも、そして野菜にも炭水化物は含まれているということだ。

 

表8に代表的な食べ物の炭水化物含有量を示しておいた。

 

ついでながらアルコールはどうか。

 

次ページ表9に酒の種類ごとの炭水化物含有量を示したが、これを見るとほとんどの酒が、炭水化物はほんのすこししか含んでいない。

 

ただし、ビールだけは多く含んでいるから、飲めば血糖値は上がる。

 

なお、血糖値が下がると肝臓からブドウ糖が出てくるが、アルコールはこの放出を抑える。

 

したがって、インスリンを打っている人や糖尿病の薬(とくにSU薬という系統の薬)を飲んでいる人は、アルコール摂取の際には低血糖を起こさぬよう注意が必要だ(SU薬については一四六ページ参照)。

 

また、同じ炭水化物でも、真白いパンよりライ麦パンのほうが血糖値を上げない。

 

同じように、真白いご飯より黒米や五穀米、雑穀米を混ぜたご飯のほうが血糖値は下がる。

 

例えば、白米や白いパンだと食後の血糖値は二二○くらいに上がるが五穀米や雑穀米やライ麦パンに変えると一八○というところだ。

 

四○も血糖値を低下せるのだから素晴らしい。

 

この効果はGI値という血糖の上がりやすさを示すデータでも証明されている。

糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期 糖尿病 治療 初期